北欧系のカーテンに関する内容です。

インターネットの通販サイトでは、北欧系のカーテンが沢山販売されています。北欧系は高額なイメージが強いですが、実は安いです。そのため気軽に入手できます。最近は黄緑・緑の葉をデザインした商品が結構売れています。とてもナチュラルな感じで親しみやすい空間を作ることができます。観葉植物との相性も抜群です。また水色の花をデザインした商品も人気となっています。全体的に涼しい感じがするので、夏場に使うと自然と涼しさを感じることができます。そしてベージュや黄色い柄のある北欧系のカーテンはやや人気です。人によっては好みが分かれそうですが、部屋に使用すると明るい感じに仕上がります。自分の明るさも上手く表現できるので、友達やお客さんをよく呼ぶ方にもおススメです。こういったカーテンは人気シリーズが多く性能も良いです。

子供部屋に北欧カーテン

来年、いよいよ小学生に上がる息子の入学準備を今の段階からちょこちょこ計画的に行っています。ランドセルから始まり、大きなものでは机まで、更にいうならその机を収納する子供部屋まで、全てを手順良く執り行う為にも、少しずつ始動しています。子供部屋となる北向きの窓を、少しでも明るく華やかにと、北欧のファブリックからカーテン生地を選ぼうかと考えています。ここ数年、シンプルかつおしゃれな北欧家具や、雑貨など、注目され続けていますが、未だ色あせず人気があります。やはりデザインや色使い等、飽きが来なくてずっと使い続けられるという魅力があるのでしょう。男の子ですので、少年らしく、でもできれば中高生まで買い換え不要で使い続けられる様な、スタイリッシュでおしゃれなカーテンを見つけています。色は、ブルーや緑辺りが理想かな。

北欧インテリアにおけるカーテン

北欧ないし北ヨーロッパというと、スカンジナビア十字旗を国旗に採用したデンマーク王国、フィンランド共和国、スウェーデン王国、ノルウェー王国並びにアイスランド共和国のことを言います。デンマークが、スカンジナビア十字旗の礎であるとされており、他の北ヨーロッパ諸国が影響を受けたといいます。北欧は、基本的に寒色系の色彩を好むとされています。そのため、カーテンについても寒色が似合うとされています。鮮やかな青を基調としており、クリアなイメージが強いのが特徴となっています。寒色を好むのは個人差が在るので、一概に言えませんが、北ヨーロッパというと青に対する嗜好が強いとされています。北ヨーロッパのエクステリアデザインはシャープな印象が強いです。そのため、それに合ったインテリアの色彩設定をすることになります。青は基本的なものとされていますが、北ヨーロッパにおいては人々は基本的には暖色系を好むようです。北ヨーロッパ諸国は基本的に寒いため、暖色をインテリアに取り入れることが多いとされています。